So-net無料ブログ作成
検索選択

ダヴィンチ・コードなパリの風景 〜ルーヴル美術館・編〜 [ダ・ヴィンチ・コード]

さて2回目は物語のスタートロケーションのルーヴル美術館・編です
さあ、入ってみましょう!
私たちはガイドブックの「正面より地下鉄の入り口の方が空いている」との情報から
正面のピラミッドではなく地下鉄の直通口ルートを使い、スムースに入ることができました
入るとちょうどピラミッドの真下の吹き抜け状のスペースに突き当たり、そこが
チケット売り場になってます


さすがに世界有数の観光地! あちこちに日本語表示があり、親切です
チケットを購入し、いざ!あの名画を観にゆかん
今回ルーヴル見物に充てられた時間は6時間ほど。この広大な館を観て回るにはあまりにも少なく
観るモノをしぼって、重要なモノから観ていくことにしました
都合の良いことに、有名すぎる絵まではチケット売り場からパネルの案内に従えば辿り着けそうです
※ちなみに見取り図はこちら>http://www.nta.co.jp/ryoko/tourcon/2003/030403/
中央の棟を上がり、踊り場の「ニケ」を観ながら右へ上がるとそこが ソニエール館長の殺害現場である
グランドギャラリーのあるドゥノン翼と呼ばれる棟の入り口です。
噂に聞いた寄せ木細工が綺麗な床が、霞むほど遠くまで延びていて壮観です!
<この奥に館長が・・
進んでいくと左側を中心に、観たことのあるダヴィンチの絵がちらほらと展示されているのに気づきます

絵のことは詳しくありませんが、先入観もあって、なんだかオーラを感じます・・
(人物の目つきがややキツいのが共通しているような気がしました)
地元?のフランスの方々もそれらの周りに集まっています。こちらでもダヴィンチはメジャーなんですね
さて、いよいよあの「微笑」とご対面です!
展示してある部屋に入ると・・

すごい人・・っていうか、絵が小っさー!
さすがに世界的に有名な作品・・でも、噂では100人平均・ぐらいの混雑と聞いていたので少し安心しました
ソフトに人をかき分け、なんとか最前列に辿り着き、改めて絵を「じぃ〜〜」っと観察・・

・・・・・。
う〜ん・・ 
本物を前にすると、滲み出るオーラ! 美しいタッチ! 圧倒的な存在感!・・・
が、きっと感られる似違いない! と、期待していたのですが
実際はテレビで観たまんまでした
期待するあまり、「観察者」になってしまったのが原因かもしれません
機会があればもう少し時間をかけてじっくり観たい絵でした

さて、そうは言ってもルーヴルはすごい!!
一つ一つ流して観るにはとても勿体ない内容の濃い絵たちが、まさに無数にあり
それだけでも1日で観るには足りないというのに、皇室や貴族の宝飾品、歴史的な出土品などが
それと同じくらいあって、さらにそれらが飾られている建物自体がまるごと美術の集合体!!
1日でなんか、とてもとても観られるモノではありませんでした!
そのなかの幾つかをざっと紹介>

カタツムリに乗った少年・・

ミロのヴィーナス

中央にある大きな宝石が なんと、10万?カラットのダイヤ!!!

そのダイヤや宝飾品の展示室 天井・・・クラっとします・・

まるでヨーロッパの歴史の華やかさが目の前にパノラマで展開しているようでした
日本の美術館を想像して行くと、度肝を抜かれます、きっと!
この豪華で広大な建物は、もともと皇族の屋敷(宮殿)だったそうです。なるほどというカンジですね

さてダヴィンチコードでは、このあとシラスが「サン・シュルピス寺院」を訪ねるシーンです
次回はあの「ローズライン」の画像を交えて紹介します
お楽しみに・・

・・おや? と思った方いますか?
そう、物語のラストで描かれる「あの場所」の画像が抜けていますね
それは物語と同じく、この連載のラストで紹介しますので、それまでお待ちください


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

Lavio

はじめまして。
「ダ・ヴィンチ・コード」、私も、今朝、読み終わりました。面白かったです。そこで、ブログで書かれている人を探していて、こちらに伺いました。
写真入りで、連載されていますね。今後の連載も楽しみにしています。
by Lavio (2006-04-12 05:25) 

sleeper

コメントありがとうございます
この作品を読んでいて、すごくおもしろかったんですが
いかんせん海外に行ったことがほとんど無かった私には、情景を思い起こすことが
完全にはできずヤキモキしました
幸運にも現地を訪ね、読み終わったばかりのシーンを思い起こしながら
「あー、ここかあ・・」 なんて感慨にふける機会が得られました
なので、ここに画像を掲載することで、みなさんにも シーンの回想に少しでも
広がりを持ってもらえるとうれしいです
さすがにイギリスまでは行けませんでしたが、パリの重要な箇所はおさえたと思いますので、期待してください
by sleeper (2006-04-12 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。