So-net無料ブログ作成
検索選択

±0 の加湿器 [モノとデザイン]

デザインのハナシもしてみます
お題はコレ

イマサラですが  ±0 の加湿器 です
セレクトショップなどでよく置いてあるので、知っている人も多いのではないでしょうか
一度見たら忘れないインパクトを持った形状の 物体(この言い方がなんだかシックリ)です
かくいう私も、初めて日本橋COREDOで見てショックを受け、当然のように衝動買いしてしまいました
ウチに帰って早速開けてみます
おお!!なんというカタチ・・シンプルで色っぽくて、しかも窪みから何か出そうなのが一見で解る!
すばらしい!
では動かしてみましょう
ほー、変わった構造ですね。
ドーナツの部分が水タンクになっていて
新品のガムテープぐらいの大きさの加湿器本体が、その中にスッポリ収まります
タンクをひっくり返して専用の漏斗で給水するのですが、ちょっと入れにくいかな・・
この時点で、造形を優先して構造にムリが出てしまったのでは・・?といった考えが頭をかすめますが
「まあこれくらいはご愛敬」と、気にしないことにします
さあ起動!
・・・・。
しばらくすると「こぽこぽ」と「じゅわー」という音と共に蒸気が立ちのぼってきました
この佇まいは、期待どおり! いいじゃないですか!
ただ、思ったより作動音がデカい気が・・
でも・・まあいいか!  デザイン良いし!・・と、ひとまずは満足でした
   ☆   ☆
しかしその夜・・・懸念が現実に・・
「こぽこぽ・・じゅわー・・」
「こぽこぽ・・じゅわー・・」
・・・
「こぽこぽ・」

あ〜〜〜っ、ウルサイ!!

音が気になってなかなか寝付けない。
いや、音を我慢して寝れるにしても、購入時に期待していた
「良いデザインアイテムに囲まれて・ウキウキ生活」
のメンバーに入れることはできません・・
もっとスマートなモノを購入したつもりだったのに
これでは毎日使う気にはなれませんね
まるで、すごく可愛いのにイビキがひどい娘・・といった感じ(?)

不良品?あるいは個体差かと思い調べてみましたが、これで対策品のようなのです
製造が実は(玩具メーカーの)タカラ なせいか・・
いや、それは失礼でしょうか・・
でも、正直 残念でしょうがないという思いです
プラス5千円の値上げでメカニカルな精度を上げられるなら
それを払ってもイイので、モデルチェンジして欲しいです

今はオブジェとして、部屋の隅にひっそり佇んでいます


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。