So-net無料ブログ作成
検索選択

またまたラーメン(担々麺)+チャリで散策のオマケ [ラーメン]

今日も大塚にある編集部に行った帰りにラーメンを食すことに・・
連チャンでまた肉ヅキに加速が・・と思いましたが、往復2時間チャリで走ってチャラ?
それはともかく帰り道の途中、東大前を走っていると ぷーん と香る中華風の匂い!
ん?・・・これは八角の香り?
足を止めて辺りを見回すと、ラーメン屋が2軒・・でもメニューを見ると普通のラーメンと味噌・・
と、その隣の店のドアのところに「東京担担麺本舗」の文字が・・ここだ!

http://home.catv.ne.jp/pp/sesami/
 
店の名前は「瀬佐味亭 」で、東大・赤門の道を挟んで反対側、やや本郷三丁目寄りです
正直、店の構えは「あんまり・・」でしたが、この香りが牽引ビームとなり、もはや放してくれない模様・・
というわけで、ドアを開け中に。
先客は4人。18時頃にしては少なめか
メニューを見ると
担担麺  700円
搾菜担担麺・葱担担麺  各800円
太肉担担麺・排骨担担麺・手羽担担麺  各900円
味のバリエーションには 黒胡麻+赤唐辛子 と 酢+赤唐辛子 のピリ辛系もあるようで
名物は 排骨担担麺 だそうです
私は基本的に、初めての店の場合はまずオススメor名物を、
無ければいちばんベーシックなものを頼むようにしていますので、今回は排骨担担麺を注文しました
さっぱりしたお茶プーアル茶?)を飲みながら待っている間に店内を観察・・
音楽は静かめのジャズが流れています。店の雰囲気とは少し違うかな?と思いましたが
落ち着いた雰囲気は心地良いと思いました・・とか思いながら、正面の棚に目を移すと・・
MARANTZ!!   え?  マランツって、あのマニア御用達の高級オーディオでは?
はっとして見回すと BOSE のやや大ぶりなスピーカーが天井から吊ってあります
ここまで音響にこだわったラーメン店は初めてです
これなら肝心の味の方も期待できそうです!
まもなく排骨担担麺がやってきました

先ず麺をすすります。 感じとしては九州のトンコツ系に似た感触ですね
続けてスープをすすると・・・・・ん! んまい! 
なんともいえない胡麻の まろやかで香ばしい味わい・・
もう一度よく味わうと、スパイスのピリッとした香りと、柚の香りも混じってます
まろやかでまったりとした胡麻ダレにアクセントが効いていて、いつまで飲んでも飽きないスープです
さて、上に載った排骨(カツ)を食べてみます・・まずピリッとした胡椒の香りが口全体に香り
柔らかく揚がった肉の油がじゅわっとにじんで、とても美味しい!
食べる前は正直どうかと思っていたのですが、実際これは名物に相応しいひと品だと思います
麺が終わったあとも、スープの上部に層になった胡麻ダレをすくって飲むのがまた美味しい!
結局ほとんど飲んでしまいました
テーブル上には自家製らしいラー油と、珍しい赤い色の胡椒(ピンクペッパー?)ともう一つ、
鷹の爪らしきものが入った黄金色の液体がありました
試しにコレをスプーンにすくったスープに混ぜてみたところ、ブランデーのようなリキュール臭がします!
後で店の主人?に聞いたところ、これは唐辛子をウオッカで漬けたもので、オイルレスの辛み追加液だそうです
ちなみにこのご主人、後から入ってきた老婦人には丁寧に説明し紙エプロンを薦めるなど、好感の持てる
接客で店の印象がアップしました。

今度はお酢の酸辛麺を食べに行こう!

・・・オマケ・・・
散策の途中で見た光景 その1

東京ドーム、というかシチズンタワー(文京区役所)近くの交差点にて・・
こんにゃくえんま前・・って何???
こんにゃくえんま前・・こうにゃくえんま前・・こうらくえん前・・?・・?
ふと脇を見ると「こんにゃくえんま」という小さい寺社がありました。何を奉っているのだろうか・・

散策の途中で見た光景 その2

茗荷谷辺りで春日通りにぶつかる道で「播磨坂桜並木」というらしいです
今年見た中ではかなり大きな規模の桜並木で、それと知らずに通ってビックリしました。
平日の夕方からけっこうな人が見物に来てました。 ( ご老人が多いようでしたが)

たまに散策すると、意外な発見があって楽しいですね
今後も暇を見つけてあちこち行ってみようと思います


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。